設置の理由

クレジットカードはとても便利なアイテムです。多くの利用者がいることに伴い、クレジット決済が可能な店舗が増えています。集客を図るためには、クレジット決済の導入が最適です。

詳細はコチラ

メリットを知る

多くの企業がレジを導入しています。導入の目的には、お金の管理や商品情報の管理が有ります。店舗によっては沢山の商品を販売していることもあります。膨大な商品の情報を管理できるレジは必要不可欠なアイテムでしょう。

詳細はコチラ

決済サービスとは何か

近年は、現金を所有していなくても、電子マネーで商品が購入できる世の中です。電子マネーは、店舗だけでなく、インターネットの通信販売でも利用することが可能です。とても便利なツールと言えます。

詳細はコチラ

性能が高いレジ

USEN Register

低価格でポスレジを使用することができるようになっています。これなら仕事の効率がアップするので便利となっています。

ネットワークセキュリティとその対策について

今日では、様々な機器がインターネットへ接続され、通信を行うことが一般的になっている。その際、脅威となるのが不正アクセスにより、機器が乗っ取られたり情報を持ち出されるという危険性である。 これらへの脅威を軽減させるためには、ネットワークセキュリティへの対策が重要になる。その対策としては、いくつかのことがある。 最も有効なのが、外部のインターネットへ接続しないということがある。重要なデータを扱う機器については、インターネットへ接続せず、内部の閉じたネットワーク内だけで利用するということがある。 この際、外部からの接続ポイントがあると、そこから侵入される危険性があるため、ファイヤーウォールを設置するなど、重点的に対策する必要がある。

レジへのセキュリティー対策について

ネットワークセキュリティへの脅威は、様々な分野へ広がっているが、その1つにレジがある。 最近のレジは、本部とお店でデータを授受するためなどにインターネットへ接続し、情報のやり取りを行うケースが増えている。また、レジでは利用者の個人情報やクレジット情報など重要なデータを取り扱っているケースもある。 これらのデータを取得するため、レジに対してウィルス感染させ、データを抜き取るケースが最近では増えている。 これらのことから、最近ではレジについてもネットワークセキュリティ対策が取られるようになってきている。レジへのネットワークセキュリティ対策としては、ソフトの欠陥を改修し、弱点部分を付かれた攻撃をされなくすることなどが行われている。